実績の多い引きこもりの支援団体に相談しよう

引きこもりに年齢は関係なく、若い人もいれば30代40代の人でも引きこもっている人は大勢います。
半年以上自宅にひきこもっていて社会参加をしていない状態を引きこもりと言います。
外出していないから引きこもりという訳ではなく、一人で外出できても引きこもりの人は多く、社会参加をしていないと言う事とは社会に参加する経路がない事を指します。
引きこもりは病気ではありませんが、長期化すると精神症状や二次的な問題を引き起こす可能性があります。
ですから引きこもりのお子さんをどうにかしたいと考えているなら、引きこもりの支援を専門に行っている団体に相談してみるといいですよ。
引きこもりを支援している団体も色々ありますが、多くの実績があるのが認定NPO法人ニュースタート事務局です。
20年で1,500人以上の若者を支援し、引きこもりやニートと呼ばれる若者を社会に送りだしてきました。
「家族をひらく」を理念に、引きこもりやニートの若者の再出発を支援するのはニュースタート事務局です。
スタッフの中には引きこもりの経験者もいるので、気持ちもわかってくれますよ。