ブルーレイの作成を自分でもできるのか?

このような質問をされる方は結構いらっしゃいます。
質問に返答する前には、どのような目的でブルーレイ作成をするつもりなのかという部分が重要になります。
映像を制作する時、画質をかなり高めに設定している場合、長編になる場合などを除いては、基本的にDVDでも対応することができるでしょう。
この場合は、わざわざブルーレイを作成する必要はありません。
つまり容量が大きくなるのであれば、ブルーレイを選択し、容量が少ないならDVDでも全く問題はないという意味になります。
では実際にブルーレイの作成が必要である場合、外部依頼をしなければならないのでしょうか?
昨今のパソコンには、ブルーレイドライブが搭載される事も多いので、ドライブが搭載されているのであれば、自身のパソコンでブルーレイを作成しても問題ありません。
しかしディスクにこだわりたい、映像のデザインにこだわりたい、他の作品とは異なるような手法で動画を作成したいというような要望がある場合は、個人では限界があります。
ですから、その場合はブルーレイ作成を専門に行っているような企業に依頼するのも良い方法です。